検診・健康診断について

飯田病院では、①宇都宮市のハガキ検診 ②健康診断 を行っております。

① 宇都宮市のハガキ検診について

1.70歳以上の後期高齢者医療制度加入者を対象に、がん検診を無料で行っています。

検査内容は下記からいくつでも選択できます。

  • 心電図検査 ・貧血検査 ・肺がん検診 ・大腸がん検診 ・前立腺がん検診
  • 肝炎ウイルス検査(過去1度も検査を受けたことのない方に限ります)
2.40歳~74歳の国民健康保険加入者を対象に、がん検診(有料)と特定健康診査(無料)を行っています。

がん検診内容は1と同じ検査となります。

特定健康診査の検査項目は下記の通りです。

  • 特定健康診査項目:診察等、問診、身体計測、血圧測定、血中脂質検査、肝機能検査、血糖検査、尿検査
  • 詳細な検診の項目:心電図検査、貧血検査

② 健康診断について

健康が気になる個人の健康診断も、会社でご指示されました健康診断も、企業全体の健康診断も受け付けております。

※不要な検査がありましたら、検査前に申し出てください。
※会社指定の健康診断用紙がありましたら、お持ちください。
※企業様全体でのお申し込みは、病院へ直接ご連絡ください。

◎飯田病院で行っている健康診断の内容は下記の通りです。

 

  • 質問(問診)

問診は、医師の質問に答えて現在の自分の健康状態を確認する検査項目です。

  • 計測

身長・体重・肥満度・標準体重・腹囲を計測します。
肥満ややせの程度を調べ、生活習慣病や隠れた病気を推測し、予防するための指導を行います。

  • 視力

視力の検査は、主に近視や遠視、乱視といって屈折異常を調べる検査です。また、急な視力の低下など、年齢とともにかかる確率が高くなる白内障などの診断にも役立ちます。

  • 聴力

音は、外耳、中耳、内耳を通り、脳に伝わります。ところが、外耳から脳までの経路のどこかに異常があると、聞こえが悪くなります。聴力を調べることによって、聞こえの機能の不調がわかり、耳の病気が発見できます。

  • 血圧

血圧とは、血液が流れることによって血管の内壁にかかる圧力のことをいいます。そこで血液検査では、上腕部の血圧を測定することで、高血圧または低血圧の有無を調べ、異常がないかを知る手がかりとします。

  • 誘導心電図

心電図とは、心臓の機能や心臓病の有無を調べる検査で、心筋が収縮する際の電気刺激を体の表面に張り付けた電極でとらえ、時間的な変化を波形で表し、記録します。電流の伝わり方や、心臓そのものに異常があると、心電図の波形にも異常がみられるので、心臓疾患を見つける手がかりとなります。

  • 胸部X線

胸部X線検査では、肺や気管支などの呼吸器のほか、心臓や縦隔、胸膜などの病変を調べることができます。

  • 血液検査

血液検査では、様々な数値が測定できます。

肝機能
GOT(AST):肝細胞をはじめ、腎臓や心臓の筋肉の細胞内に多く含まれている酵素です。この数値を調べると、肝機能障害や心筋梗塞などを見つける手がかりになります。
GPT(ALT):肝細胞に多く含まれている酵素です。この数値を調べると、肝機能障害を見つける手がかりになります。
γ-GTP(γ-GT):肝臓、腎臓、膵臓、小腸などに含まれている酵素です。この数値を調べると、肝機能障害を見つける手がかりになります。

血中脂質
中性脂肪:中性脂肪は体内にある脂肪の一種です。この数値を調べると、動脈硬化をはじめとするさまざまな病気を見つける手がかりになります。
HDL-コレステロール:細胞が使い切れなかったコレステロールや、動脈の壁に付着しているコレステロールを回収して肝臓へ戻す働きがあり、善玉コレステロールと呼ばれています。この数値を調べることで、動脈硬化をはじめとするさまざまな病気を見つける手がかりになります。
LDL-コレステロール:肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ働きがあり、LDLが増えると、血管壁にコレステロールが溜まってしまい、動脈硬化の促進要因になる悪玉コレステロールと呼ばれています。この数値を調べることで、動脈硬化をはじめとするさまざまな病気を見つける手がかりになります。

腎機能
クレアチニン:体内でエネルギー源として利用されたタンパク質が分解・代謝されてできた老廃物です。この数値を調べることで、腎臓機能障害などを見つける手がかりになります。
尿酸:細胞が生まれ変わる際につくられるプリン体という物質が分解されてできた最終代謝産物です。この数値を調べることで、高尿酸血症や痛風を見つける手がかりになります。

糖質
空腹時血糖:血液中に含まれるブドウ糖のことです。この数値を調べることで、糖尿病などを見つける手がかりになります。
HbA1C:血糖値が高い状態が続くと、この物質ができます。この数値を調べることで、糖尿病などを見つける手がかりになります。

血液組成物質
・白血球:体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物から、からだを守る免疫機能の中心的な役割を担っています。この数値を調べるとさまざまな病気をみつける手がかりになります。
・赤血球:酸素を運ぶ働きがあります。この数値を調べると、貧血などを見つける手がかりになります。
・血色素(ヘモグロビン):赤血球中の赤い色素の成分で、酸素と結びつきます。赤血球中のヘモグロビンの割合を調べることで、貧血の有無を判定します。
・ヘマトクリット:一定量の血液の中に含まれる赤血球の容積の割合のことをいいます。この割合を調べることで、主に貧血の有無がわかります。また、赤血球と血色素と合わせて3つのデータを分析することで、どんな種類の貧血が疑われるか、おおよその見当がつけられます。
・血小板:血管が破れて出血した際、その血管が再生するまで傷口を塞いだり、血液が固まるように働きかけ、出血を止める役割を果たします。この数値を調べると、さまざまな病気の手がかりになります。

  • 尿検査

・尿蛋白:尿に含まれるたんぱく質です。この量を調べることで、腎機能障害などをみつける手がかりになります。
・尿糖:血糖値がかなり高い場合、腎臓での処理が追い付かず、尿中に糖が出ることがあります。尿糖を調べることで、糖尿病などをみつける手がかりとなります。
・尿潜血:尿の通り道となる腎臓や尿管、膀胱や尿道などのどこかに出血があると尿中に血液が混ざります。尿潜血では、尿中の肉眼では確認できない血液を検出する検査です。