看護科

理念・基本方針

理念「誠心誠意」

私ども看護科では、患者様中心の温かみのある医療サービスを「誠心誠意」心掛けてまいります。

医療事故の防止対策を徹底し、安全な医療・介護の提供に努めてまいります。

地域・他部署との連携を密にし、患者様・家族様に満足していただける看護を目指します。

医学的根拠に基づく、有効な医療・介護を適切な時期に提供いたします。

時代の変化に対応し、質の良いサービス提供に努めます。

部の紹介

当院は療養型病院です。
患者様の体調に気遣いながら、ペースに合わせて寄り添って介護、リハビリをいたしております。
内容としては、バイタルチェックや病状の観察、採血、点滴といった基本的な看護のほか、食事や生活の介助、体位交換や褥瘡ケアなどを行っております。

栄養管理について

どんなに栄養バランスが整っていても、患者様に食べて頂かなくては意味がありません。当院では、食事の様子やスタッフ間との意見交換を通し、食事の量や形態を考えることで、患者様が残さず食べられる食事提供を心掛けています。

教育・研修体制

看護科では、委員会(感染対策、医療安全、褥瘡対策、院内感染)を組織し、週1回、スタッフ間のミーティングを行っております。

このミーティングを通じて、さらなる看護サービスの質の向上をめざすと共に、スタッフ間のコミュニケーション、患者様の情報交換などを行っております。