薬剤科の理念・方針

理念

チーム医療の一員として、質の高い薬物療法を提供し、地域医療に貢献する。

方針

  • 医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努める
  • 他の医療関係者と協力し、患者の利益のため職能の最善を尽くす。
  • 高い知識と技能の水準を維持するよう積極的に研鑽する。

薬剤科の紹介

医療を取り巻く環境の変化により、薬剤師の役割も変わってきています。薬剤科では患者様のニーズに答え、より安全かつ適切な薬物療法が行われるよう、知識と技能の向上に努めています。

業務内容

  • 外来調剤
    当院の外来では、院内処方箋を発行しています。処方箋の用法用量、相互作用を確認し、正確かつ迅速に調剤を行っています。また、薬の有用性を最大限に生かし、患者様に安心して使用していただくため、丁寧な情報提供を心掛けています。
  • 入院調剤
    当院の入院患者様は高齢の方が多く、自己管理が困難な場合が多いため、内服薬はすべて一包化し、患者名と服薬日時を印字しています。注射薬については、医師の注射箋に基づき、投与速度、配合変化等を確認し、一人一人取り揃えています。
  • 薬剤管理指導
    当院では、平成27年2月から入院患者様へ薬剤管理指導を開始いたしました。患者様のベッドサイドへ赴き、薬の内容の説明、相互作用や副作用の確認を行っています。